What's New!

6.7

当コンテスト責任者である日本IBMパートナー事業・アライアンス事業本部 三浦からのメッセージ、Watson Build 2018概要、IBM Watsonをご紹介するビデオをアップしました。ビデオはこちら

6.4

「Watson Build相談窓口(オフィス・アワー)」を6/7より、隔週木曜14時−16時に開設します。(当ページ末尾「Watson Build相談窓口」参照)

5.31

Watson Build 2018 日本語ページがオープンしました。(当ページ)

5.21

Watson Build 2018 公式ページ (英語)がオープンしました。

“Watson Build 2018”とは・・・

  • Watson Buildは、IBMビジネス・パートナー様*を対象とした、新たなサービスやアプリケーションの創造にチャレンジいただくコンテストです。第一回目の昨年は、世界で約400チームが参加し、日本からも71チームが参加されました。
  • IBM Cloud及びWatson APIを活用したソリューションのコンテストを通じて、コグニティブ・ビジネスを実践する機会をご活用ください。
  • IBMは、新しいエコシステムの拡充及び、優れたサービス・ソリューションを世界中に拡販するご支援をいたします。

* IBMのビジネス・パートナー制度 (PartnerWorld)は、簡単かつ無料で参加いただけます。今すぐご登録ください。こちら

パートナー様が参加されるメリット

1. お客様に革新的なソリューションを提供するための新しいスキルとプロセスの獲得

2. 自社のスキルとノウハウを活かしたコグニティブ・ソリューションやオファリングの実用化

3. パートナー様同士で新たなビジネス・モデルとスキームを構築

4. 優れたソリューション・サービスのプロモーションをIBMがご支援

“Watson Build 2018” 開催要項

Think

5月21日 - 7月17日

AI コンセプトを描き出し、ソリューション戦略を示すビジネス・プランを作成してください。

お役に立つ学習コンテンツはこちら (英語)からご確認いただけます。Watson Build 2017優勝企業はこちら (英語)からご覧いただけます(近日、日本語訳を公開予定)。

Build

8月6日 - 11月6日

IBMのテクノロジーと技術支援を活用して、ビジネス・プランで描いたソリューションのプロトタイプを作成してください。IBMからはIBM Cloud及びサービスをご提供します。

日本でのコンテストを経て、日本チャンピオンの座を目指しましょう!日本チャンピオンには、2019年2月に開催される世界大会の出場権を進呈します。

Showcase

2019年2月

世界中のリーダーに対してソリューションを披露しましょう!”Build”でプロトタイプを提出した企業は、 IBM PartnerWorld 2019で開催される”Showcase”への参加を申請することができます (Build応募時に申請が必要)。

参加条件

  • IBM ParnterWorldプログラム(無料)に加入いただいていること
  • ソリューションは IBM Cloud 上で開発されており、少なくとも 1 つの Watson APIを使用していること
  • まだ市場に投入されていないサービスであること
  • Showcase参加希望企業は、12月14日までに当該ソリューションを市場に投入する準備が完了できていること
  • そのほか、Watson Build 2018 参加条件に記載の事項に合意いただけること (Watson Build 2018参加条件はこちら)
  • 1社につき、 1件のご応募が有効となります。

Watson Build 2017に参加された場合

  • 昨年、Phase 2 (Build) に進出されたチームは、同一ソリューションは提出できません。昨年設定した課題とは別の課題解決をするソリューションを作成してください。
  • Phase 2 (Build) に進出されなかったチームは、昨年のビジネスプランを再利用してご応募いただけます。

評価ポイント

  • オリジナリティーがあり、先進性のあるソリューションであること
  • お客様の実際のニーズに対応し、ビジネスの課題を解決するソリューションであること
  • 課題を解決するために提案されるアプローチで革新的な点が確認できること
  • ビジネス・プランで、ソリューションの価値、競争優位性、マーケティング・オポチュニティー、将来の目標が適切に説明されていること

<ご参考>

2017年度 世界大会地区チャンピオン (英語)

特典

“Think”

  • 学習コンテンツの提供 (デザイン・シンキング、Watson APIなど)
  • 相談窓口の設置

    “Build”

  • プロトタイプ作成のため、期間中にIBM Cloud環境を提供 (7000ドル相当)
  • 技術相談窓口の設置
    Watson Workplace オフィスアワーなど

    日本チャンピオンへの特典

  • 世界大会への参加権 (PartnerWorld 2019参加費用および宿泊費)
  • ソリューションのプロモーション支援*
  • Watson Buildマークの提供

Showcase参加者への特典

  • PartnerWorld 2019参加費用
  • Watson Build参加マークの提供

*2017年実績: グローバルイベント(Think及びPartnerWorld at Think)でのプレゼンテーション機会の提供、Think Japan (2018年6月開催)の出展機会の提供)など

Watson Build 2018へのアイディア創出のために、参考ソリューションをご紹介いたします。

参加にあたってのサポート情報


Watson Build相談窓口(オープン オフィス・アワー)

Watson Buildについてのご質問&ご相談会を下記日時で開催します。
開催時間中、個別相談または電話会議(オープン)スタイルで受付いたします。
個別相談(20分単位)ご希望の方は事務局(bpcomm@jp.ibm.com)まで前日までにお申し込み下さい。
その他は15時−16時の開催時間中にご自由に電話会議にはいっていただき、Q&Aを行います。
<開催日>
6月7日(木)、6月21日(木)、7月5日(木)、7月12日(木)
<開催時間>
14時−15時:個別相談(対面または電話会議):各社20分、事前申し込み
      対面の場合は日本IBM箱崎本社ビルを予定。
15時−16時:オープンな電話会議:開催時間帯に担当がスタンバイしております。
▪️電話会議情報▪️
(トールフリー) 0066-33-830321 / 0034-800-600060
トールフリーが使えない場合: (発信者払い) 03-6327-7700 / 046-211-2912 / 050-6864-8015
アナウンスが流れたら、参加者コード 7520 1375 の後に#を押してください。

その他参考情報

開発環境、ツール、アプリケーション開発のノウハウは、以下のサイトやコミュニティもご活用ください。



IBMの開発者向けコミュニティー「IBM developerWorks」

IBM が開発者のために提供する技術リソースです。ここでは、オンデマンドの世界における IBM ソフトウェア開発プラットフォームを最大限に利用するための、様々なツールやコード、教育資料などを提供しています。

外部コミュニティ「Bluemixユーザー会(BMXUG:ビーザグ)」

当件に関するお問い合わせ先

Watson Build 2018事務局   BPCOMM@jp.ibm.com

*:メール・タイトルに【Watson Build 2018】と記載ください。