概要

IBMソフトウェア(PA/PAE)製品を、例外的に他社(以降、「サード・パーティー」と呼びます)を経由してお客様へ再販されるケースがありますが、このたびサード・パーティーにつきましても『IBM ビジネス・パートナー契約』の締結ならびに弊社への事前の案件連絡が必要となりました。

IBMでは米国および日本を含む関係各国の腐敗行為防止や反贈収賄に係る法律、規制を遵守するため、全てのビジネス・パートナーに本契約を締結していただいております。


適用開始日

2016年5月9日


サード・パーティーが商流に入る場合の新要件

ご注文あるいは個別商談割引申請(該当の場合)の前に下記のご対応が必要となります。

  • サード・パーティーが『IBM ビジネス・パートナー契約』を締結していること。
  • ディストリビューター経由で案件情報をIBMへ連絡すること。(案件情報の連絡をご参照ください)

なお、『IBM ビジネス・パートナー契約』の締結は、以下の対応が必要となります。

  • PartnerWorldプロファイルシステム(PPS)より、Channel Value Rewards(CVR)への参加申請をしていただきます。ご申請中に(1) コンプライアンスに関する質問への回答(PDF,784KB *PWへのログインが必要) (未対応の場合)、(2)登記簿謄本コピーの提出(必要な場合)、(3)インテグリティー研修の受講者登録を行う必要があります。
  • 申請方法については、こちらよりご確認ください。
  • 「IBM ビジネス・パートナー契約」の締結はChannel Value Rewards(CVR)への参加申請後に別システム(IBM eSignature)から送信されるメールに従って電子署名いただきます。

サード・パーティーとは

二次店リセラーとお客様との間に入る企業を意味します。

基本商流

IBM – ディストリビューター – 二次店リセラー – お客様

サード・パーティーが入る商流(例外)

IBM – ディストリビューター – 二次店リセラー – サード・パーティー – お客様

なお、PSP(プライマリー・サポート・プロバイダー)のサード・パーティー商流は例外でも認められておりませんのでご注意ください。
(不可例)IBM - ディストリビューター - PSP - サード・パーティー - PSPのお客様


お問い合わせ先

CVR事務局(JPGTS@jp.ibm.com


IBM、 IBMロゴ、ibm.com、IBM WatsonおよびPartnerWorldは、世界の多くの国で登録されたInternational Business Machines Corp.の商標です。他の製品名およびサービス名等は、それぞれIBMまたは各社の商標である場合があります。現時点での IBM の商標リストについては、http://www.ibm.com/legal/copytrade.shtml(US)をご覧ください。