Skip to main content

IBMプロフェッショナル資格認定制度

 

プライマリー・タブ・ナビゲーション

試験の概要
 

IBMプロフェッショナル資格認定を取得するためには、所定の試験に合格する必要があります。そのためには、十分な準備をすることが早道となります。

試験はすべて予約制です。また、2科目以上を同日に受験することも可能です。その際、受験科目の順番は問いません。最初の試験が早く終了した場合は、継続的に次の科目を受けることができます。


受験の準備

1. 試験詳細の確認

取得したい資格に必要な試験がわかったら、試験詳細を確認します。
(製品別資格ページの試験名からリンクがあり、一部は日本語で提供されています。提供が無い試験もございます)

試験詳細には出題トピックやサンプルテストが掲載されていますので、学習や受験対策で重点をおきたい部分を判断しましょう。


2. 研修コースを受講する場合

必要な知識を効率的に得るには、研修コースの受講をお勧めします。
(提供が無い試験もございます)

研修コースでは、豊富な経験と高い知識を持ったインストラクターが講義を行います。
また、コースの中ではマシンを使った演習も用意されており、必要な知識をハンズオンで身につけることができます。


3. その他

認定試験は製品の機能をどれだけ覚えているかではなく、関連する仕事を遂行するために必要な能力を評価します。
机上の学習だけではなく、実際に製品を操作することは受験対策の重要な要素です。必要な知識を身につけたら、実際に製品を操作してみましょう。


受験に際して

1. アカウントの作成

初めての受験の場合、試験配信会社のピアソンVUEのWebサイトより「アカウントの作成」を行ってください。

[アカウント登録の際の注意事項]


2. 試験方法

コンピューター上で出題される問題にマウスあるいはキーボードで答えます。
多くは選択形式で1科目75問以上、所要時間は約1~2時間です。
試験終了時に結果レポート(スコア・レポート)が発行され、合否が確認できます。

[受験時の注意事項]

*運転免許証、またはパスポートなど写真付きの身分証明書と、受験者ご本人が署名された身分証明書または公的機関が発行した身分証明書のご提示をお願いします。詳細はピアソン社のサイトでご確認下さい。

*試験により指紋認証、顔写真撮影、生体認証をさせて頂く場合がございます。


受験料について
 

受験料につきましてはピアソンVUE社試験予約画面にてご確認ください。


お支払方法
 

ピアソンVUE社では基本的に前払いとなっており、Master Card、VISA、American Express、JCB、バウチャーによるお支払が可能です。
上記の支払い方法に加えて、コールセンターでのみ、銀行振込でのお支払いを受け付けています。


リテイクポリシー(同一試験を再度受験する際のルール)
 

同一試験番号の受験に対し、30日の間に2回受験することができます。
1回目の受験と3回目の受験の間に、30日の間隔を挟まなければなりません。また、2回目と4回目、3回目と5回目、それ以降の受験時にも同様に30日間の間隔を設ける必要があります。

【例】1回目の受験が7月1日の場合、3回目の受験の最短可能日は8月1日
一度合格した試験は、同試験の内容が改訂された場合を除き、再度受験することはできません。


試験実施会社情報
 

〒100-0011
東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテルタワー 18階
電話: 0120-355-173 E-Mail:pvjpreg@pearson.com
(土曜日、日曜日、祝祭日、年末年始を除く 午前9時~午後6時)
IBM試験対応言語:日本語版、英語版試験

※米国IBM社と提携して認定試験の実施・運用を行っている会社です。


お問い合わせ
 

IBMプロフェッショナル資格認定制度制度に関するお問い合わせは、下記e-メール・アドレスまでご連絡ください。


注意事項:
IBM は合格した認定者に特典を授与しますが、認定者の行為を保証したり、責任を負ったり、認定者にビジネスの機会を約束するものではありません。

Live Chat is currently unavailable


The Live Chat service is usually available during normal business hours. Use the \"Contact us\" email link to send us an email now.