Skip to main content

IBM v17 POPUP TEMPLATE

IBM PartnerWorld International 合意書 (ご参加条件)


(PartnerWorld のご参加条件)

PartnerWorld は、レジスタード、シルバー、ゴールド、プラチナの各レベルで構成されています。すべての PartnerWorld 参加者はレジスタード・レベルに認定されます。PartnerWorld 参加者が IBM 所定の「PartnerWorld の Web サイト」 (以下「PartnerWorld Web サイト」といいます。) に定める各レベルの要件を満たしている場合、PartnerWorld 参加者はシルバー、ゴールドまたはプレミアのいずれかのレベルとして認定されます。PartnerWorld 参加者は「IBM ビジネス・パートナー」(以下「BP」といいます。) と称することができます。シルバー、ゴールドまたはプラチナのいずれかのレベルの到達基準を充足していると IBM が認証した PartnerWorld 参加者は、対応する IBM ビジネス・パートナー (BP) エンブレムおよび IBM BP の名称を使用することができます。これらの名称およびエンブレムの使用については、「PartnerWorld 合意書」の規定が適用されます。PartnerWorld 参加者は他の IBM BP のエンブレムおよび名称の使用も認められることがあります。PartnerWorld 参加者が IBM との間の他の契約関係またはその他の契約の条件に基づき、名称およびエンブレムを使用する権利を有する場合、PartnerWorld への参加によりこの権利が変更されるものではありません。

IBM は PartnerWorld への参加を通じて PartnerWorld 参加者に特典を提供します。特典は PartnerWorld 参加者が到達するレベルに関連します。特典の詳細および適用条件 (費用の支払いが必要となることもあります。) は「PartnerWorld Web サイト」に定めます。

PartnerWorld 参加者は PartnerWorld に「PartnerWorld Web サイト」の規定に基づき、「国内の企業グループ」ごとに参加するものとします。

1.

定義

国内の企業グループ – 1 つの国内における「企業グループ」のすべての「ロケーション」のことをいいます。

企業グループ – 法人 (コーポレーションなど) と当該法人がその議決権または持分の過半数を所有している会社 (子会社) のことを併せていいます。

ロケーション – 「企業グループ」内において、BP が所在し、管理・運営している物理的な場所のことをいいます。

グローバル企業グループ」とは、すべての国における「企業グループ」のすべての「ロケーション」のことをいいます。

2.

レベルおよび特典の認定条件

各レベルおよび特定の特典には要件があります。PartnerWorld 参加者は、レベルまたは特典を受ける資格を得るためには、「国内の企業グループ」がかかるレベルまたは特典の要件を満たさなければならないことに同意します。ただし、BP エンブレムの使用においては、「グローバル企業グループ」レベルでコンピテンシーを集約しなければなりません。

レベルまたは特典に対応したスキル要件の充足が必要な場合において、PartnerWorld 参加者が当該スキル要件を維持できなくなった場合には、PartnerWorld 参加者は直ちに IBM に当該状態を通知するものとします。PartnerWorld 参加者が当該レベルに留まること、もしくは特典の継続を希望する場合には、当該スキルの喪失後 3 カ月以内に再度必要なスキルを充足するものとします。 PartnerWorld 参加者が直ちに IBM に当該喪失の事実を通知しなかった場合、もしくは必要なスキルを期間内に充足できなかった場合、IBM は PartnerWorld 参加者のレベルを調整するかもしくはレベルに対応した特典を打ち切るものとします。IBM は年次レビューを実施して PartnerWorld 参加者が PartnerWorld レベルを維持するための資格を検証します。また IBM は、PartnerWorld 参加者が必要なスキルを維持していることを確認するための定期レビューを実施する権利を留保します。IBM によるレビューの結果、PartnerWorld 参加者が PartnerWorld レベルに必要な基準を維持できておらず、PartnerWorld 参加者は IBM の規定に従って当該障害を是正していないと判断される場合には、PartnerWorld 参加者のレベルは下げられる可能性があり、また IBM は PartnerWorld 参加者の特典について IBM の承認を無効にできます。

3.

契約の構成

「IBM PartnerWorld International 合意書」(ご参加条件)、「別紙」(特典適用条件を記述したもの等のことをいいます。) およびこれらの「関連書類」(補足契約書、製品表または請求書等のことをいいます。) (以下、これらすべて併せて「PartnerWorld 契約」といいます。) は、PartnerWorld に関する両当事者間の関係を律する完全な契約であり、事前の口頭または書面によるいかなる合意も「PartnerWorld 契約」により置き替えられるものとします。

「PartnerWorld 契約」に記述された条項が相違する場合、その優先順位は次のとおりとします。

  1. 「関連書類」は、他のすべてに優先します。
  2. 「別紙」は「ご参加条件」の条項に優先します。

PartnerWorld 参加者が次のいずれかの行為を行った場合、取引文書の内容を受け入れたものとします。1) 記名捺印 (署名を含みます。) 2) 対象物の受領、使用もしくは料金の支払い。

4.

電子通信

各当事者は、電子的方法およびファクシミリ伝送により相手方に対する通知もしくは同意等を行うことができるものとし、法律の許す範囲内で、当該通知もしくは同意等は記名捺印 (署名) 文書と同等に取扱うものとします。両当事者は署名のある書面として電子通信およびファクシミリ伝送を使用することに同意し、電子文書に含まれる識別記号 (一般に「ユーザー ID」と呼ばれています。) は発信名義人の ID および当該文書の信頼性を裏付けるに十分なものとして取扱うものとします。

5.

責任

各当事者は以下に同意するものとします。

  1. 各当事者は独立した契約当事者であり、 また「PartnerWorld 契約」は排他的なものではないものとします。いずれの当事者も相手方を法的に代表または代理するものではありません。いずれの当事者も 相手方が負担している債務について責に任じる等の法律的な共同関係でもありません。 また、「PartnerWorld 契約」は相手方との間で雇用関係またはフランチャイズ関係を生じるものではなく、共同事業関係を成立させるものでもありません。
  2. 各当事者が 「PartnerWorld 契約」 に基づく自己の責任および義務を履行するために生じる費用については、 各当事者の負担とします。
  3. 「PartnerWorld 契約」は PartnerWorld 参加者の製品またはサービスについて、IBM に何らの権利を与えもしくは義務を生じさせるものではないものとします。
  4. 別段の承諾がある場合を除き、 いずれの当事者も相手方のために債務を負担することもしくは引受けることもなく、 また、 相手方を代理または保証することもないものとします。
  5. 法律により許可される範囲で、IBM、IBM の関連会社、ならびにそれらの従契約者および復処理者は、お客様の従業員およびお客様の許可ユーザーを含む、お客様の連絡先個人情報 (以下「BCI」 といいます。)を、本契約の履行のために必要な範囲および地域で保存およびその他の方法で処理することができるものとします。当該連絡先個人情報には、氏名、勤務先の電話番号、住所、電子メール・アドレス、およびユーザー ID などが含まれます。かかる処理について、当該個人に対する通知または同意が必要な場合、お客様はかかる通知を行い、同意の取得するものとします。IBM は、製品およびサービスの提供のために国内外の人員およびリソースならびに第三者である従契約者を使用できるものとします。これらの連絡先情報は双方間の取引に関連してのみ使用するものとし、(1) それぞれの製品およびサービスを促進、販売または支援する第三者、および、(2) 適切な承継人または譲受人に対し、提供することができるものとします。いずれかの当事者が、相手方に対し、特定の連絡先情報の使用を中止するよう書面で要請した場合、相手方当事者は当該連絡先に情報が送付されないよう合理的な範囲の努力をするものとします。ただし、双方間の取引を継続するために必要な連絡先情報 (例えば、請求書の送付先等) の場合には、当該中止要請を行う当事者は、代替の連絡先情報を提供するものとします。
  6. IBM、IBM の関連会社、その従契約者および復処理者は、製品の機能を使用可能にする、使用を管理する、エクスペリエンスをパーソナライズする、およびその他製品およびサービスの使用をサポートまたは改善するために「アカウント・データ」使用できること。IBM の「オンライン・プライバシー・ステートメント」は、https://www.ibm.com/privacy/details/ に掲載されています。「アカウント・データ」とは、お客様による製品およびサービスの使用を可能にするためにお客様が IBM に提供する情報、またはお客様による製品およびサービスの使用の際に IBM がクッキーや Web ビーコンなどの追跡テクノロジーを用いて収集する情報を意味し、IBM が処理者またはサブプロセッサーとして処理している個人データおよび BCI は含まれません。
  7. 強行法規に別段の定めのある場合を除き、 いずれの当事者も、 原因となる行為の発生から 2 年を経過した後は、「PartnerWorld 契約」に起因または関連して生じる法的手段を行使できないものとします。
  8. 一方の当事者が、相手方に対して、義務の厳格な履行要求または権利行使をしなかった場合でも、当該債務不履行またはそれに派生して生じる債務不履行に対して、後日履行要求または権利行使することを妨げるものではないものとします。
  9. いずれの当事者も不可抗力による債務不履行については責を負わないものとします。
  10. いずれの当事者も相手方の同意を得ることなく、「企業グループ」内でまたは合併もしくは吸収した場合の存続企業に「PartnerWorld 契約」を引継がせることができるものとします。 「PartnerWorld 契約」を引継いだ当事者は、相手方に対して引継ぎから 1 カ月以内に書面により通知するものとします。 IBM は、「PartnerWorld 契約」に基づく権利または義務の全部もしくは一部を、移転、委託、再委託または譲渡することができるものとします。 PartnerWorld 参加者は IBM による事前の書面による承諾なく、「PartnerWorld 契約」の全部または一部を委託、再委託または譲渡 (「PartnerWorld 契約」に基づく引継を除き移転も含まれます。) することができないものとします。
  11. 第 11 項 (機密情報) に基づき開示されるものを除き、両当事者間で交わされる情報は機密として扱わないものとします。
  12. 「PartnerWorld 契約」のいずれかの条項が無効もしくは履行不能となった場合、当該条項は「PartnerWorld 契約」から削除されたものと見做すものとし、その余の条項については何ら変更なく引続き有効に存続するものとします。
  13. 各当事者は、適用されるあらゆる輸出入関連法令ならびに関連する通商禁止規制および経済制裁規制 (米国の同等のものも含みます。) を含めすべての法令を遵守するものとします。政府機関が発行する適用可能なライセンスまたは規制 (米国の許可を含みますがこれに限定されません。) で許可される場合を除き、BP はいかなるときも、適用可能な輸出規制、通商禁止規制、および制裁規制に規定される禁止国に対して、技術情報、テクノロジー、ソフトウェア、ならびに「PartnerWorld 契約」もしくは両当事者間で締結されたその他の契約に基づいて提供および開発されたその他の商品、さらには「PartnerWorld 契約」に基づいて提供された IBM の技術情報、テクノロジー、ソフトウェア、またはその他の商品から、もしくはそれらを使用して、開発または製造されたその他の製品を、直接的にも間接的にも輸出および再輸出してはなりません (禁止国の国民に対する (所在地は問いません。)、かかる技術情報、テクノロジー、ソフトウェア、またはその他の製品のリリースを含みます)。
  14. IBM が「別紙」で別段の定めをする場合を除き、「PartnerWorld 契約」には、再販条件およびマーケティング支援 (手数料ベース) 条件に基づいて PartnerWorld 参加者が IBM 製品およびサービスを販売することについての IBM の承認は含まれません。

PartnerWorld 参加者は次の各項目に同意するものとします。

  1. すべての活動について顧客満足度を維持し、向上させる責任 (以下「お客様満足責任」といいます。) を負うこと。
  2. 特典を享受するため、PartnerWorld 参加者は、いずれかの国に所在する IBM に届け出て当該 IBM から受理されること。なお、すべての特典がすべての国において利用可能ではありません。
  3. 特定のビジネス案件を IBM が PartnerWorld 参加者に提示した場合、IBM が書面で特定するとおり、PartnerWorld 参加者は、BP による活動の結果を IBM に報告すること。
  4. PartnerWorld 参加者の連絡責任者に変更があった場合、新しい連絡先情報 (電子メール・アドレスを含みます。) を IBM に提供すること。
  5. レベルの認定または特典提供のために IBM が合理的に必要とする資料 (例:レベルもしくは特典に関する情報、またはスキル認定の文書) を、IBM に提出すること。
  6. IBM が PartnerWorld 参加者に IBM の情報システムへのアクセスを提供する場合、PartnerWorld 参加者は、「PartnerWorld 契約書」に基づくBP の活動をサポートするためにのみ使用することができること。 当該目的のために IBM が IBM の情報システムとともに PartnerWorld 参加者の使用のため提供するプログラムには、該当するプログラム使用許諾条件が適用されること。ただし、PartnerWorld 参加者はプログラムを第三者に移転することはできません。
  7. PartnerWorld 参加者は、直接間接を問わず、 IBM へ有利な決定が行われるよう不当に影響を及ぼすべく、金銭の支払いまたは他の贈与をあらゆる者に行わないこと。IBM は、1) PartnerWorld 参加者が本項に違反した場合、または 2) IBM が違反のおそれがあると合理的に判断する場合、直ちに「PartnerWorld 契約」を解約することができるものとします。
  8. 法令に別段の定めがある場合を除き、PartnerWorld 参加者は、PartnerWorld 参加にあたり提出した情報に重大な変更があった場合または変更が予測される場合、速やかに書面により IBM へ通知すること。
  9. IBM の「行動規範」を遵守すること。IBM インターネット Web サイト (http://www.ibm.com/partnerworld/pwhome.nsf/weblook/pub_join_memctr_agreement_code.html)では、IBM の「行動規範」の最新版が閲覧可能です。

IBM は、「行動規範」を随時変更することができます。その場合、改訂後の「行動規範」を上記 Web サイト上に掲載るか、「PartnerWorld 契約」に別途規定されている通知を PartnerWorld 参加者に提供します。PartnerWorld 参加者は、PartnerWorld 参加者が「行動規範」を読んだことを表明し、当該 Web サイトを定期的に閲覧し「行動規範」の変更を確認することに同意します。かかる変更は、当該 Web サイトに掲載された時点で即時発効します。

6.

社内使用、開発、デモ、検証のための製品

PartnerWorld 参加者が IBM の指定する製品を社内使用のために調達する場合、PartnerWorld 参加者は、当該製品を PartnerWorld 参加者の運用の範囲でのみ使用するものとします。

PartnerWorld 参加者が IBM が指定する開発、デモまたは検証用の製品を調達した場合、当該製品は当該目的のためおよび「PartnerWorld 契約」に定める PartnerWorld 参加者の活動をサポートするためのみに使用されるものとします。

上記の目的のために調達したすべての製品は、をそれぞれ該当する契約条件に基づき調達するものとします。

上記の目的のために調達された製品は、IBM が「PartnerWorld Web サイト」で定める期間内について、それぞれの目的にのみ使用されなければなりません。当該期間内においては、製品は有償活動のために使用されることはできないものとします。

上記の目的のために調達したプログラムには、所定のライセンス契約の条件が適用されます。ただし、PartnerWorld 参加者は、プログラムを第三者に移転することはできません。さらに、検証目的で調達したプログラムは、技術支援なしで現状のまま "as-is" で提供されるものとします。IBM は当該プログラムに対して技術支援が提供される場合、「PartnerWorld Web サイト」についてアドバイスします。

7.

商標

IBM は、PartnerWorld 参加者が使用することのできる、該当する BP の名称、およびエンブレムがある場合にはエンブレムを、書面で PartnerWorld 参加者に通知します。IBM は IBM BP の名称およびエンブレムの使用についてガイドライン (以下「ガイド」といいます。) を PartnerWorld 参加者に提供しますが、当該「ガイド」は定期的に改定されることがあります。PartnerWorld 参加者は定期的に IBM Web サイトを閲覧し、IBM による「ガイド」の変更を確認する責任があります。PartnerWorld 参加者は当該エンブレムまたは名称をいかなる形であれ変更できないものとします。PartnerWorld 参加者は、「商標」(IBM BP 名称、エンブレム、IBM の商標およびサ-ビスマークを含みます。) を、

  1. 「PartnerWorld 契約」の条項、および
  2. 「ガイド」に従ってのみ使用することができるものとします。

PartnerWorld 参加者が「PartnerWorld 契約」に基づく活動に関連して「商標」を使用する場合、IBM は「商標」の非独占的使用に対して通常課される使用料を、PartnerWorld 参加者に請求しないものとします。

PartnerWorld 参加者は、「ガイド」に反する広告または販売促進用資料を自らの費用で直ちに修正するものとします。PartnerWorld 参加者による「商標」使用に関し異議の申し立てを受けた場合、PartnerWorld 参加者は直ちに IBM に通知するものとします。「PartnerWorld 契約」が終了した場合、PartnerWorld 参加者は直ちに「商標」の使用を中止するものとします。PartnerWorld 参加者が使用を中止しない場合、PartnerWorld 参加者は、中止請求のため IBM に生じた費用および手数料を負担するものとします。

PartnerWorld 参加者は、「商標」のいずれであれ、これと誤認混同を生じる恐れのあるいかなる商標も商標登録または使用しないものとします。

「商標」および PartnerWorld 参加者のその使用により生じる営業上の信用は IBM に帰属するものとします。

PartnerWorld 参加者は、IBM の「8 本バー」のロゴを使用できません。

8.

販売支援金または奨励金

IBM は、PartnerWorld 参加者に対して販売支援金または奨励金を提供することがあります。 この場合、PartnerWorld 参加者は、販売支援金または奨励金を受領するため、該当する「別紙」または「取引文書」を受諾しなくてはなりません。 PartnerWorld 参加者は、IBM のガイドラインに従い当該販売支援金または奨励金を使用するものとし、その使途について 3 年間記録を保持することに同意します。 PartnerWorld 参加者が「PartnerWorld 契約」の条項に違反した場合、IBM は、当該販売支援金または奨励金の提供を中止するかまたは PartnerWorld 参加者から返還を受けることができるものとします。IBM が書面により別段の定めを行う場合を除き、「PartnerWorld 契約」の終了通知の時点で販売支援金または奨励金は利用はできなくなります。

9.

特典にかかわる料金および支払条件

PartnerWorld プログラムへの参加は無償です。ただし、特典にかかわる料金が生じた場合、PartnerWorld 参加者は当該料金を IBM に支払うものとします。IBM はかかる料金を「PartnerWorld Web サイト」に記載します。料金は、IBM が PartnerWorld 参加者から要請を受理した日に有効な料金または要請を実行した日の料金のうち、いずれか低い方の料金とします。

IBM は、いつでも料金を変更することができるものとします。当該変更は遡及して適用されることはないものとします。

料金は PartnerWorld 参加者が IBM から請求書を受領した時に支払期が到来するものとし、PartnerWorld 参加者は、請求書または取引文書のとおりに支払うものとします。PartnerWorld 参加者は、支払計画に従って料金 (遅延金を含みます。) を支払うことに同意します。

「PartnerWorld 契約」の履行に対して税金その他の公租公課が課される場合、PartnerWorld 参加者はこれを支払うものとします。但し、IBM の収益に課されるものを除きます。

10.

契約条件の変更

IBM は、1 カ月前の書面による通知により「PartnerWorld 契約」条項を変更することができるものとします。ただし、IBM は、安全および機密に関する事項については、いつでもできるものとします。

IBM は、「PartnerWorld 契約」を変更した場合、PartnerWorld 参加者に通知します。変更は、(https://www.ibm.com/partnerworld/page/isv_com_pwp_PWBGT_changes) 上に掲載、または変更後の「PartnerWorld 契約」を掲載することにより行います。PartnerWorld 参加者は、一度通知された場合、「PartnerWorld 契約」条項の変更を当該 Web サイトで確認することに同意します。

前各項の外、両当事者の書面による合意によってのみ「PartnerWorld 契約」の各条項を変更できるものとします。当該変更は、遡及しないものとします。PartnerWorld 参加者からの、書面による「PartnerWorld 契約」条項の追加または変更の意思表示は、効力を有しないものとします。

11.

機密情報

本項は、「PartnerWorld 契約」のもとで、いずれかの当事者 (以下「開示当事者」といいます。) が他の当事者 (以下「受領当事者」といいます。) に対し、以下の事項について「機密」と表示して開示した情報 (以下「機密情報」といいます。) について適用されるものとします。 「機密情報」の開示には、「PartnerWorld 契約」が、最初の開示日より 5 年間適用されます。開示した場合、以下が常に「機密情報」を構成します。

  1. 見込みの顧客や顧客に関する情報
  2. 製品またはサ-ビスに関する未発表情報およびその関連技術情報
  3. 事業計画
  4. IBM の要求により最初の開示日より 5 年間、PartnerWorld 参加者が IBM に提供した次の情報
    • 報告資料
    • 顧客満足度データ
    • 財務資料
    • 販売情報
  5. Web サイトに「機密」と表示して掲載した情報。IBM は、書面によりまたは Web サイト上で、当該情報を機密情報として指定することがあります。 PartnerWorld 参加者が当該機密情報にアクセスした場合、機密であることを承諾したものとみなします。
  6. 両当事者が、書面で合意し、かつ「機密」と表示したその他のあらゆる情報

受領当事者は、開示目的でのみ、または開示当事者のためにのみ、「機密情報」を使用し、また相当な注意を払って受領当事者以外への「機密情報」の開示を回避します。

  1. 従業員、および受領当事者が支配する、受領当事者を支配する、または親会社により支配される法人の従業員のうち、知る必要のある者。「支配」とは、議決権付き株式の過半数を直接的または間接的に所有または支配することをいいます。
  2. 従契約者、金融アドバイザーおよび法律のアドバイザー、ならびに知る必要のある者。

(a) または (b) の当事者に開示する前に、受領当事者はかかる当事者と、「機密情報」を「PartnerWorld 契約」に規定されたものと実質同じものとして取り扱うことを当該当事者に求めるのに十分な書面による同意を得ます。

法律または裁判所命令により「機密情報」の開示が求められる場合、受領当事者は開示当事者に速やかに通知を行い、開示当事者が保全命令を取得する相応の機会を得られるように努力します。

以下の「機密情報」については、「受領者」は本条に定める守秘義務を負うことなくこれを開示、公表、配布または使用することができるものとします。守秘義務を負うことなく既に保有している情報。独自に開発した情報。「開示者」以外の者から守秘義務を負うことなく入手した情報。一般に入手可能であるかまたは本条に違反することなく入手可能となった情報。「開示者」が守秘義務を負わせることなく第三者に開示した情報。

「受領者」は、「開示者」の「機密情報」に含まれるアイディア、コンセプトおよびノウハウで、「PartnerWorld 契約」に従って「機密情報」に接した自己の従業員の記憶に留まるものを、「受領者」の事業活動に使用することができるものとします。

「機密情報」は、現存するままの状態で提供され、いかなる保証も適用されないものとします。

「受領者」は「機密情報」を自らの責任で使用するものとします。

本第 11 項は、いずれの当事者にも「機密情報」の開示や受領、作業の実施、ライセンス、ビジネス・エンゲージメントまたはその他の契約の締結を求めるものではありません。本第 11 項も、本項に基づいた「機密情報」の開示も、連帯関係や信任関係を創出するものでなく、また受領当事者に対し、開示当事者が現在またはその後に所有もしくは管理する、商標、著作権、特許権、実用新案権または意匠権の使用権または実施権を付与するものでもありません。

「PartnerWorld 契約」に基づく「機密情報」の受領は、受領者が、以下を行うことを妨げるものではありません。1)「開示者」の製品またはサービスと競合する可能性のある製品もしくはサービスを開発、製造、販売、提供する、またはその他の当事者と取引関係を結ぶこと、および 2) 受領当事者が選択する方法で自己の従業員をアサインすること。

12.

責任

各当事者は、重大な違反、不法行為もしくは不当表示を含め、「PartnerWorld 契約」に係わる自己の債務不履行または責めに帰すべき事由により相手方に損害を与えた場合、相手方に対して、現実に発生した直接損害について累計して 25,000 米ドル (もしくは、他通貨による同等額) を限度とする賠償の責を負うものとします。ただし、いずれの当事者も事前にその可能性が通知されていた場合であっても、逸失利息、売上収入、のれん、見込み収益、特別、偶発もしくは結果的な損害については責を負わないものとします。これらの制限は、以下に記載される IBM に対する第三者請求について、PartnerWorld 参加者が IBM を補償する義務には適用されないものとします。IBM からの「ガイド」に反する「商標」の使用を含め、PartnerWorld 参加者による IBM の知的財産権の侵害に基づくあらゆる請求、特に IBM が認めていない陳述、請求または保証に対す PartnerWorld 参加者による不当表示または詐欺、および強行法規により除外または制限が認められない故意または重過失による責任を含むあらゆる責任。

PartnerWorld 参加者は、PartnerWorld 参加者の行為 (政府機関が課した違約金または罰金を含みます。)、PartnerWorld 参加者と第三者との関係、PartnerWorld 参加者による「PartnerWorld 契約」既定の不遵守、IBM によって許可されていない PartnerWorld 参加者が実行した表示、ステートメント、請求または保証に起因する「PartnerWorld 契約」に基づくあらゆる第三者の請求に関して、IBM を防御し、補償し、免責します。

13.

「PartnerWorld 契約」の終了

いずれの当事者も、理由の如何を問わず、 2 週間前の書面による通知により「PartnerWorld 契約」もしくは「別紙」を解約することができます。相手方の債務不履行等を理由とする解約の場合、2 週間の通知期間中に相手方の債務不履行是正されなかったときに限り、解約が有効となります。

IBM が「PartnerWorld 契約」終了後も PartnerWorld 参加者が特定の活動を実施することを認める場合、PartnerWorld 参加者は「PartnerWorld 契約」条項、または別途 IBM の定めるところに従い活動することに同意するものとします。「PartnerWorld 契約」終了後もその性質上存続すべき条項は、 履行が完了するまで有効に存続するものとし、また「PartnerWorld 契約」 (またはその権利・義務の) の譲受人もしくは継承人に対しても適用されます。

14.

地理的範囲

「PartnerWorld 契約」の条項に定める各当事者の権利・義務は、全世界で効力を有するものとします。「別紙」に定める各当事者の権利・義務は、「別紙」に別段の定めがある場合を除き、全世界で効力を有するものとします。

特定の特典は、インターナショナル・ビジネス・マシーンズ・コーポレーション (以下、「IBM Corp.」といいます。) により、「PartnerWorld 契約」および画該当する「別紙」に基づき提供するものとします。IBM Corp. は特典を提供することにより、および PartnerWorld 参加者は該当する「別紙」に記名捺印することまたは特典を受領することにより、IBM Corp. および PartnerWorld 参加者間での「PartnerWorld 契約」に合意するものとします。 「PartnerWorld 契約」と該当する「別紙」は、PartnerWorld 参加者と IBM Corp. との間の特典に関する完全な合意を形成しているものとします。

その他の特典については、それぞれの国に所在する IBM またはその指定の業者が「PartnerWorld 契約」の条件および該当する「別紙」に従い提供するものとします。この場合、当該 IBM またはその指定業者は特典を提供することにより、および PartnerWorld 参加者は「別紙」に記名捺印するまたは特典を受領することにより、当該 IBM またはその指定業者と PartnerWorld 参加者間の「PartnerWorld 契約」に合意するものとします。 IBM Corp. は「PartnerWorld 契約」の当事者ではありません。 「PartnerWorld 契約」と「別紙」は、PartnerWorld 参加者と当該 IBM またはその指名業者との間の特典に関する完全な合意を形成しているものとします。

更に、PartnerWorld 参加者は当該 IBM またはその指名業者との間で別途の契約に基づき、特定の特典および他の製品ならびにサービスを享受することができます。

15.

準拠法

PartnerWorld 参加者は IBM Corp. (米国ニューヨーク州所在) との間の「PartnerWorld 契約」に契約します。「PartnerWorld 契約」に関する事項の運用、解釈、権利の行使および義務の履行にあたり、抵触法の規定にかかわらず、ニューヨーク州法に基づき準拠、解釈、執行されるものとします。

PartnerWorld 参加者は、IBM Corp. またはその「企業グループ」に属するの法人が PartnerWorld 参加者に対する権利または請求権を IBM Corp. の「企業グループ」に属する他の法人に譲渡すること、または IBM Corp. の「企業グループ」に属する別法人が IBM Corp. またはその「企業グループ」に属する法人に代わり PartnerWorld 参加者に対して請求権を行使することに承諾するものとします。 PartnerWorld 参加者は、当該譲渡および承諾に同意します。 さらに PartnerWorld 参加者は、特典が、IBM Corp. ではなくその「企業グループ」に属する法人またはその指名した者により提供される場合、「PartnerWorld 契約」に関する事項の運用、解釈、権利の行使ならびに義務の履行については、以下に記載する国を除き、当該法人またはその指名した者が事業活動を行っている国の法律および裁判管轄が適用されることに同意します。

  1. Australia では取引が行われる州または準州の法律が適用されます。
  2. Albania、Bosnia-Herzegovina、Bulgaria、Croatia、Hungary、Serbia、Poland、Montenegro、Romania、Slovakia、Armenia、Azerbaijan、Belarus、Georgia、Kazakhstan、Kyrgyzstan、Republic of Macedonia、Moldavia、Russia、Tajikistan、Turkmenistan、Ukraine、および Uzbekistan では Austria の法律が適用されます。「PartnerWorld 契約」またはその違反、解約、無効に関するすべての紛争は、Rules of Arbitration and Conciliation of the International Arbitral Centre of the Federal Economic Chamber in Vienna (Vienna Rules) によって選任された 3 人の仲裁人によって解決されるものとします。仲裁はオーストリアのウイーンで開催され、英語を公用語として使用するものとします。 仲裁裁定を最終裁定とし、いずれの当事者もその裁定に拘束されるものとします。
  3. Estonia、Latvia、および Lithuania では Finland の法律が適用されます。
  4. Algeria、Benin、Burkina Faso、Cameroon、Cape Verde、Central African Republic、Chad、Congo、Djibouti、Democratic Republic of Congo、Equatorial Guinea、France、Gabon、Gambia、Guinea、Guinea-Bissau、Ivory Coast、Lebanon、Mali、Mauritania、Morocco、Niger、Senegal、Togo、および Tunisia では「PartnerWorld 契約」の解釈および両当事者間の法的関係の決定にあたり French 法が適用され、「PartnerWorld 契約」またはそれに関連する違反や強制執行 (略式手続きを含みます。) は Commercial Court of Paris が専属管轄を有するものとします。
  5. Angola、Botswana、Burundi、Egypt、Eritrea、Ethiopia、Ghana、Jordan、Kenya、Kuwait、Liberia、Malawi、Malta、Mozambique、Nigeria、Oman、Pakistan、Qatar、Rwanda、Sao Tome、Saudi Arabia、Sierra Leone、Somalia、Tanzania、Uganda、United Arab Emirates、United Kingdom、West Bank/Gaza、Yemen、Zambia、および Zimbabwe では「PartnerWorld 契約」は English Law が適用されるものとし、「PartnerWorld 契約」に関する紛争は英国裁判所が専属的に管轄するものとします。
  6. South Africa では、South Africa の法律に従って、「PartnerWorld 契約」は 解釈され、当事者間の法的関係は決定され、「PartnerWorld 契約」に起因またはその違反もしくは実行に関連するすべての紛争は、ICC Rules に従って、英語で、International Chamber of Commerce in Johannesburg により専ら解決されます。前項の規定は、いずれかの当事者が南アフリカの正当な司法権を有する裁判所に接触して緊急の暫定措置事案を求めることを妨げるものではありません。
  7. Canada では Province of Ontario の法律が適用されます。
  8. Indonesia では Indonesia の法律が適用されます。ただし、解約は、Indonesian Civil Code 第 1266 条の第 2 文および第 3 文を適用しないために、裁判所の宣告なしで有効となるものとします。
  9. Republic of Korea では、「PartnerWorld 契約」には Republic of Korea の法律が適用され、それに関連する紛争は Seoul Central District Court of the Republic of Korea の専属裁判所に提出されます。
  10. Macau Special Administrative Region of China は Hong Kong Special Administrative Region の法律が適用されます。
  11. People's Republic of China では、「PartnerWorld 契約」に関する紛争は、かかる紛争の時点で抗力を有する China International Economic and Trade Arbitration Commission の規則に従い、当該 Arbitration Commission に提出され、仲裁が行われるものとします。仲裁は Beijing で開催され、中国語を使用するものとします。仲裁裁定を最終裁定とし、いずれの当事者もその裁定に拘束されるものとします。当事者により係争中の箇所および仲裁中の箇所を除き、仲裁の開催中も「PartnerWorld 契約」は施行されるものとします。
  12. Taiwan では、Taiwan の法律が適用され、裁判管轄は台北の裁判所とします。
  13. Argentina での裁判管轄は Buenos Aires 市の the Ordinary Commercial Court とします。
  14. Bolivia での裁判管轄は La Paz 市の裁判所とします。
  15. Brazil での裁判管轄は Rio de Janeiro, RJ の裁判所とします。
  16. Chile での裁判管轄は the Civil Courts of Justice of Santiago とします。
  17. Ecuador での裁判管轄は未履行または即決手続きが適用できる場合には the civil judges of Quito とします。
  18. Mexico での裁判管轄は Federal District の Mexico 市に設置されている裁判所とします。
  19. Paraguay での裁判管轄は Asuncion 市の裁判所とします。
  20. Peru での裁判管轄は Cercado の Lima 司法管区の判事および法廷とします。
  21. Uruguay での裁判管轄は Montevideo 市の裁判所とします。
  22. Venezuela での裁判管轄は Caracas 市の首都地区にある裁判所とします。
  23. United States、Puerto Rico、Laos、Cambodia、および Vietnam、Anguilla、Antigua/Barbuda、Aruba、Bahamas、Barbados、Bermuda、Bonaire、British Virgin Islands、Cayman Islands、Curacao、Dominica、Grenada、Guyana、Jamaica、Montserrat、Saba、Saint Eustatius、Saint Kitts and Nevis、Saint Lucia、Saint Maarten、Saint Vincent and the Grenadines、Suriname、Tortola、Trinidad and Tobago、ならびに Turks and Caicos では、ニューヨーク州の法律が適用されます。

Laos、Cambodia、Indonesia、Philippines、Vietnam および India:
「PartnerWorld 契約」またはそれに関連する紛争の仲裁は、<rules> に従い <location> で最終的に解決され、効力を発するものとします。仲裁裁定を最終裁定とし、いずれの当事者も上訴することなくその裁定に拘束されるものとします。書面にて事実認定および法の結論が示されるものとします。The number of arbitrators will be three, with each side to the dispute being entitled to appoint one arbitrator. 当事者により氏名された 2 名の仲裁人が 3 番目の仲裁人を指名し、3 番目の仲裁人が手続きの議長を務めるものとします。議長のポストに空席が生じた場合は、<whom> が議長を務めるものとします。Other vacancies will be filled by the respective nominating party. 手続きは、欠員が生じた時点の段階から続行されます。一方の当事者が、相手方が仲裁人を指名してから 30 日以内に自己の仲裁人の氏名を拒否した場合、または指名できなかった場合、最初に指名された仲裁人が、正当かつ適切に指名されたことを条件に、唯一の仲裁人となります。当該手続きにおいて提示されたすべての資料を含め、すべての手続きには英語が使用されるものとします。「PartnerWorld 契約」の英語版は、他のすべての言語版より優先します。

  • Laos、Cambodia、Indonesia、および Philippines の場合は、<location> を Singapore に置き換え、<rules> を Arbitration Rules of Singapore International Arbitration Center ("SIAC Rules") に置き換え、<whom> を SIAC の会長に置き換えます。
  • Vietnam の場合は、<location> を the Socialist Republic of Vietnam に置き換え、<rules> を Arbitration Rules of Vietnum International Arbitration Center ("VIAC Rules") に置き換え、<whom> を VIAC の理事長に置き換えます。
  • India の場合は、<location> を Bangalore, India に置き換え、<rules> を India 法に置き換え、<whom> を Bar Council of India の議長に置き換えます。

上記のいずれも抵触法の規定にかかわらず適用されるものとします。

国際売買契約に関する国連条約 (United Nations Convention on Contracts for the International Sale of Goods) は適用されません。

PWBGT-08 JA 04-2018